井波地域の魅力を満載したパンフレットなどを手にする南砺市商工会青年部井波支部メンバーら

井波地域の魅力を満載したパンフレットなどを手にする南砺市商工会青年部井波支部メンバーら

富山県 砺波・南砺・五箇山 その他

井波の魅力世界へ発信 商工会青年部が獅子頭形の観光パンフ作製

北日本新聞(2019年2月8日)

 南砺市商工会青年部井波支部(辻村直純支部長)は、ホームページ(HP)とリンクした訪日外国人客向けの観光パンフレットを作製した。井波地域の寺院や散居村風景を写真で紹介。HP上で英語の説明文を掲載している。滞在中にとどまらず、母国に帰った後の幅広いPR効果を期待している。 (南砺総局長・宮田求)

 パンフレットは表紙に獅子頭、裏表紙に獅子頭の裏側をカラー刷りし、形そのものも獅子頭をイメージしている。名所として親しまれる井波別院瑞泉寺や越中一宮高瀬神社のほか、地元名物「よいやさ祭り」の金色みこしと屋体、井波彫刻の制作風景、郷土料理などを多彩に取り上げた。

 瑞泉寺は夏と秋のライトアップ、春に満開となるフジなど、季節ごとの風情を紹介。裏路地の隠れスポットや散居村など日常風景の魅力も伝えている。

 それぞれの写真に添えたQRコードを読み取ることで、HPにリンクし、英語の説明文を見ることができる。

 外国人観光客が目立ってきたのを受けて計画。県商工会連合会の「元気な商工会地域づくり支援事業」の補助金など50万円余りで、500部を作製。外国人観光客の利用が多いゲストハウスや旅館、飲食店などに置き、直接手渡す。

 事業実行委員会の南部剛志委員長は「本国に帰ってからもパンフレットやQRコードを通じて井波の魅力を伝えてもらい、リピーターが増えればうれしい」と話している。

砺波・南砺・五箇山 ニュース