着岸した巡視艇「はまゆき」=七尾港矢田新物揚場岸壁

着岸した巡視艇「はまゆき」=七尾港矢田新物揚場岸壁

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく その他

新巡視艇が七尾入港 海保、23日に就役披露式

北國新聞(2019年2月8日)

 七尾海上保安部の新たな巡視艇「はまゆき」が7日、七尾港に初入港した。前巡視艇の老朽化に伴って更新された新巡視艇にはロシア語や中国語など5カ国語で停船命令などを電光表示できる装置が両舷に設けられた。23日に就役披露式が行われ、能登沖の海上警備や救護などを担う。
 新巡視艇は全長32メートル、幅6・5メートルで、最高速度は時速67キロ。浅い海域での航行が可能なウオータージェットが装備され、スクリューだった前巡視艇よりも速く、機敏に動くことができるようになった。
 入港時には、七尾港矢田新物揚場岸壁で七尾海保の職員11人が出迎えた。着岸後、岸本英希船長が久保田昌行部長に入港報告した。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット