ビアライブをPRするポスター

ビアライブをPRするポスター

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 祭り・催し

志賀高原で満喫、ビールと音楽 3月「ビアライブ」規模より質

信濃毎日新聞(2019年2月8日)

 クラフトビールと音楽を楽しむ「スノーモンキービアライブ2019」は3月15、16日、山ノ内町の志賀高原総合会館98で開く。「志賀高原ビール」を醸造する町内の酒造会社「玉村本店」などでつくる実行委員会が、規模が小さくても質にこだわるものづくりの姿勢を共有しようと主催。全国の17醸造所が200種類余のビールを出品する。

 県内からは玉村本店やヤッホーブルーイング(軽井沢町)、南信州ビール(駒ケ根市)が参加。野沢温泉村にIターンした英国人が始めた小さな醸造所「AJBCo.」もゲストで駆け付ける。関東や関西、富山県や新潟県などの醸造所が出品する。

 2012年に始まり8回目。来場者には特製グラスを配布。会場では常時、十数種類のビールが提供され、たるが空になると次の種類に入れ替える仕組み。ステージ上では、参加アーティストが楽曲を披露する。

 当日は、会場と志賀高原の各エリアや湯田中温泉・渋温泉を結ぶ無料シャトルバスを運行する。実行委事務局の玉村本店は「ライブをきっかけに、志賀高原のスキー場や温泉街など、町内を散策してほしい」としている。

 3月15日午後5時半〜10時半の第1部、16日午前11時半〜午後4時半の第2部、16日午後5時半〜10時半の第3部があるが、第3部のチケットは完売した。チケットは、一つの部でビールが5杯飲める前売り券4800円などがある。イープラス、セブン―イレブンなどで販売している。問い合わせは玉村本店(電話0269・33・2155)へ。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット