山門から投げられる団子に手を伸ばす来場者=輪島市河井町の蓮江寺

山門から投げられる団子に手を伸ばす来場者=輪島市河井町の蓮江寺

石川県 輪島・珠洲・能登金剛 祭り・催し

団子拾い集め、幸福願う 輪島・蓮江寺で「犬の子まき」

北國新聞(2019年2月16日)

 輪島市河井町の曹洞(そうとう)宗蓮(れん)江(こう)寺で15日、涅槃(ねはん)会の「犬の子まき」が行われ、集まった住民ら約100人が、山門からまかれた約2千個の団子をわれ先にと拾い集め、今年の幸福を願った。
 釈迦(しゃか)が入滅したとされる日の恒例行事で、住民や近所で勤める人らが詰め掛けた。団子は犬や蛇など動物をかたどって米粉などで作られた縁起物で、檀家(だんか)総代が投げるたびに集まった人は手を伸ばしたり、飛びついたりして、「こっちにも投げて」との大きな声も飛んだ。
 最後は高さ約15センチのイヌ型の団子が宙を舞い、受け止めた人は「今年はいいことある」と満面の笑みを見せた。

輪島・珠洲・能登金剛 ニュース

輪島・珠洲・能登金剛
イベント

輪島・珠洲・能登金剛
スポット