作品「乙女ルーム」の中で語るくっきーさん=4日、新潟市中央区

作品「乙女ルーム」の中で語るくっきーさん=4日、新潟市中央区

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し

芸人くっきーさん個展 新潟アルタ閉店前最後のイベント

新潟日報(2019年3月5日)

 お笑いコンビ「野性爆弾」のくっきーさんの絵画や立体作品などを展示した個展「超くっきーランドneo in 新潟アルタ」(BSNなど主催)が、新潟市中央区の新潟アルタで3月24日まで開かれている。4日、来県したくっきーさんは「面白いな、気持ち悪いななど、精神を強く保って自由に感じてほしい」と独特のノリでPRした。

 白塗りメイクでの芸能人の顔まねで知られるくっきーさんはアート活動でも注目されている。国内外を巡回する同展は2017年に始まり、これまで約55万人が入場した。4月には米国ニューヨークのアートエキスポへの出展を予定する。

 展示されているのは、カーテンをめくると自身の顔まねのポートレートが現れる「激似顔マネ」や、人の指をかたどった巨大なオブジェ「指」など計200点。阿賀町の高校3年の女子生徒(18)は「衝撃が強すぎた。絶対夢に出てくる」と話していた。

 同展は24日で閉店する新潟アルタの大トリ企画となる。小学生以上800円。

新潟・岩室 ニュース