富山県 祭り・催し アウトドア・レジャー

観光モデルコースに富山湾 国交省選定

北日本新聞(2019年3月8日)

 国土交通省は7日、プレジャーボートなどが係留できる「海の駅」を利用し、近隣の景勝地や飲食店を巡る観光モデルコース「マリンチック街道」として新たに11ルートを発表、県内からは「富山湾」が選ばれた。昨年3月発表の「小樽」(北海道)など5ルートに続く第2弾。「富山湾」は北信越で初めての選定となる。

 マリンチック街道は、海上周遊のみで終わることが多いとされるレジャー客に上陸して観光や食事も楽しんでもらい、地域活性化につなげる狙いがある。

 富山湾ルートは、しんみなと海の駅(射水市)を発着点に、石田フィッシャリーナ(黒部市)、みずはし海の駅(富山市)、高岡市雨晴マリーナ、海王丸パーク(射水市)、新湊マリーナ沖のフィッシングポイントを巡る。

 今回選ばれた他の10ルートは宮古(岩手)、東京・夢の島、知多(愛知)、伊勢湾(三重)、神戸・西宮、神戸・淡路、竹原(広島)、三豊(香川)、新居浜(愛媛)、長崎。

富山県 ニュース