骨董品がずらりと並ぶ会場=3月8日、福井県福井市の県産業会館

骨董品がずらりと並ぶ会場=3月8日、福井県福井市の県産業会館

福井県 福井・永平寺 祭り・催し

骨董品ずらり、来場者品定め 福井県産業会館

福井新聞(2019年3月10日)

 古美術品や古道具を販売する「第42回越前骨董」は3月8日、福井県福井市の県産業会館で始まった。骨董品の利益や業者からの協賛を寄付するチャリティーコーナー(福井新聞社協賛)もある。来場者は掘り出し物を求め、じっくり品定めしていた。11日まで。

 県内外の業者でつくる実行委が年2回開いている。今回は全国から約50店舗が出店した。

 掛け軸や燭台、花瓶などが充実。焼き物、工芸品、コインなど多種多様な逸品がずらりと並ぶ。

 午前10時から午後5時(11日は午後3時)まで。

福井・永平寺 ニュース