見頃を迎え、青空に映える河津桜=速星神社

見頃を迎え、青空に映える河津桜=速星神社

富山県 富山・八尾 花・紅葉

ぽかぽか春色 婦中の河津桜見頃

北日本新聞(2019年3月10日)

 高気圧に覆われた9日の県内は、爽やかな青空が広がった。富山市婦中町速星の速星神社の境内では、早咲きの河津桜が見頃を迎え、濃いピンクの花が春の訪れを感じさせている。

 河津桜はソメイヨシノより花の色が濃く、開花期が長いのが特徴。境内の木は近くの久郷忠信さん(76)が2015年に植えた。例年より2週間ほど早く咲き始め、現在は8割ほど開花している。訪れた住民は「青空に映えてきれい」と眺めていた。

 富山地方気象台によると、この日は県内各地で気温が上がり、最高気温は富山17・9度、高岡(伏木)17・6度など全10観測地点で4月上旬から中旬並みの暖かさとなった。10日は低気圧の影響を受け、曇りで夜は雨となる見込み。

富山・八尾 ニュース