イベント準備の打ち合わせをする若手茶人=富山市中央通り1丁目のCafe'54

イベント準備の打ち合わせをする若手茶人=富山市中央通り1丁目のCafe'54

富山県 富山・八尾 祭り・催し

茶の湯の魅力伝えたい 16日富山城址公園で体験会

北日本新聞(2019年3月11日)

 敷居が高いと思われがちな茶道に気軽に触れられる機会をつくろうと、県内の若手茶人が16日、富山市の富山城址公園内にある本丸亭と碌々(ろくろく)亭で体験イベント「茶の湯への誘(いざな)い」を開く。関係者は「茶道には奥深い魅力がたっぷり。分からないという方にこそ参加してほしい」と呼び掛ける。

 武者小路千家、藪内(やぶのうち)流、表千家、裏千家、遠州流茶道の5流派の若手が「茶の湯を楽しむ茶人ネットワーク」をつくり、初めて開催する。

 当日は各流派の茶席と「ぷち稽古」が体験できる。茶の湯の歴史を解説するレクチャーのほか、茶室での一連の作法や意味を教える。お茶のたて方なども学ぶことができる。

 イベント開催の後押しとなったのは、昨秋県内でもヒットした映画「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」。お茶を習い始めた女子大生が主人公で、慣れない正座で足がしびれたり、複雑な作法に戸惑いつつも、稽古を通して人生のあり方や時間をかけて学ぶことの大切さに気付いてゆく様子を描き、茶道愛好家の共感を呼んだ。

 発起人の一人で富山市中央通り1丁目のCafe'54の店主、室伏昌子さん(65)は「お茶に興味があっても稽古への入り口が分からない人が多い。多くの人に一歩を踏み出すきっかけになればうれしい」と話す。

 当日は午前10時半から午後3時半までで5席設ける。各席1時間程度で30分前までに受け付けする。参加費はお茶とお菓子、稽古付きで各席2千円。2席希望の場合は3500円。

 申し込みは13日まで。申し込みと問い合わせはCafe'54、電話076(461)4517。

 映画「日日是好日」は、同所のHOTORI×ほとり座で15日まで上映している。

富山・八尾 ニュース