11基が勢ぞろいした石動曳山祭=2017年4月29日、小矢部市商工会館前

11基が勢ぞろいした石動曳山祭=2017年4月29日、小矢部市商工会館前

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

2年ぶり11基勢ぞろい 4月29日に石動曳山祭

北日本新聞(2019年3月13日)

 4月29日に小矢部市中心部で行われる「石動(いするぎ)曳山(ひきやま)祭」で、2年ぶりに全11基の曳山が勢ぞろいする。昨年は一つの山町が、町内で不幸が相次いだため巡行への参加を見送っていた。平成最後の祭りを華やかに彩ることが決まり、関係者は「目いっぱい盛り上げたい」と意気込みを新たにしている。

 石動曳山祭は、江戸時代後期から続くとされる愛宕神社の春祭り。彫刻や金工など職人の技が光る花山車(やま)は市文化財に指定されている。12日夜に市商工会館で石動曳山連盟の全体会議があり、巡行ルートなどを確認した。

 ことしも花山車が同会館前に整列して一斉に巡行へ出発。夕方には石動駅前通りで提灯(ちょうちん)をともして趣を変え、同会館前に戻って巡行を終える。夜のライトアップでは幻想的な姿を浮かび上がらせる。

 祭り前日の28日には愛宕神社を同連盟執行部が訪れ、昨年に続いて安全を祈願する。

 同連盟の白川孝一会長は「例年通りの祭りができる。事故が起きないようにして、目いっぱい盛り上げたい」と力を込めた。

砺波・南砺・五箇山 ニュース