完成した「信州花フェスタ」のガイドブックと概要版(手前)

完成した「信州花フェスタ」のガイドブックと概要版(手前)

長野県 松本・上高地・美ヶ原 アウトドア・レジャー

信州花フェスタ、ガイド完成 4月開幕へ実行委作成

信濃毎日新聞(2019年3月16日)

 4~6月に県松本平広域公園(松本市・塩尻市)を主会場に開く「信州花フェスタ」の見どころを紹介するガイドブックとその概要版が15日、完成した。実行委員会が各30万部作成。市町村役場や県内外の観光施設で無料配布する。

 ガイドブックはA4判、12ページ、概要版はA3判二つ折り。「残雪の北アルプスの麓に広がる絶景の花畑」などの言葉でフェスタの魅力を紹介している。主会場にある15万株の大花壇「北アルプスと花の丘」や、信州の春を感じさせるメインエントランス「出会いの広場」といった企画の内容の他、会場などで楽しめる花の種類も記した。

 実行委事務局の篠原槙介さん(33)は「1人でも多くの人に手に取ってもらい、魅力を知って会場を訪れてほしい」と話している。問い合わせは実行委事務局(電話0263・88・1181)へ。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース