散策路に沿って設置した「立てぼんぼり」=氷見の朝日山公園

散策路に沿って設置した「立てぼんぼり」=氷見の朝日山公園

富山県 高岡・氷見・射水 花・紅葉

桜名所にぼんぼり 氷見の朝日山公園

北日本新聞(2019年3月19日)

 桜の名所として親しまれている氷見市の朝日山公園で18日、ぼんぼりの飾り付けが行われた。

 氷見市観光協会の青年部(叶祐治部長)と事務局、市シルバー人材センターの15人ほどが作業。高さ2・7メートルの「立てぼんぼり」65本と、木の枝に下げる「吊(つ)りぼんぼり」41個を散策路に沿って設置した。30日から午後7~11時に点灯する。4月21日まで。

 朝日山公園は広さ2・5ヘクタールで、樹齢50~70年のソメイヨシノ約160本に彩られている。つぼみはまだ固い。

 叶部長は「公園は高台にあり、富山湾越しに立山連峰を見ることができる。桜と共に眺望も楽しんでもらいたい」と話した。

 ソメイヨシノ約70本がある市中心部の湊川沿いにも吊りぼんぼり69個を取り付ける。

高岡・氷見・射水 ニュース