オランダの食文化について語り合うイベントのチラシ

オランダの食文化について語り合うイベントのチラシ

福井県 敦賀・若狭 祭り・催し グルメ スイーツ

オランダの食に触れて、小浜で杉田玄白ちなみ催し

福井新聞(2019年3月21日)

 オランダの医学書を翻訳して「解体新書」を出版した小浜藩医・杉田玄白の偉業にちなみ、オランダの食をテーマにした催しが24日、福井県小浜市食文化館で開かれる。食の専門家たちがパネル討論し、来場者がオランダの家庭料理など2品を味わうことができる。

 小浜市活性化を図る民間主体の実行委員会「杉田玄白 ヒト・まち・ミライ 小浜プロジェクト」が企画した。

 パネリストは、オランダ流ITトマト栽培コンサルタントのデニス・ステーチェスさん(栃木)、管理栄養士で医学博士の本多京子さん(東京)、小浜市内のフレンチレストラン「プティプラージュ」オーナーシェフの三宅寿宜さん。小浜市食文化館の中田典子館長をコーディネーターに「オランダの食文化~和食とのコラボ」と題して語り合う。

 デニスさんがジャガイモや豚肉のスープを調理。三宅さんはホワイトアスパラガスや、若狭東高生が薬用植物コウギクを使って開発したドレッシングを使用してサラダを作り、来場者に試食してもらう。

 午後1時から同2時半まで。参加無料で、事前申し込みは不要。

敦賀・若狭 ニュース