建福寺にある高遠石工の石仏群

建福寺にある高遠石工の石仏群

長野県 伊那路 祭り・催し

好きな石仏に清き1票を 高遠さくら祭りに合わせ催し

信濃毎日新聞(2019年3月23日)

 桜の名所で知られる伊那市の高遠城址(じょうし)公園で23日から開く「さくら祭り」に合わせ、市観光協会などは新たな催しを行う。江戸時代に高遠藩から出向いて石仏を作った高遠石工(いしく)にちなむ「高遠石工の石仏総選挙」と、公園内外のポイントを巡り、版画の図柄を重ねて絵はがきを完成させる「版画ラリー」を4月1日から実施。市観光協会は「天下第一の桜をイベントとともに楽しんで」とPRしている。

 石仏総選挙は、公園内など計5カ所に投票所を設置。名工の守屋貞治(さだじ)が手掛けた建福寺の石仏群や高遠町勝間の大聖(だいしょう)不動明王などから投票し、1位を決める。版画ラリーは、高遠の思い出を形に残す機会に―と企画。公園や信州高遠美術館など計5カ所のポイントで台紙の絵はがきに版画を刷ると桜の模様が浮かび上がる。写真共有アプリ「インスタグラム」の投稿者に抽選で名産品が当たる企画などは例年通り実施する。

 気象情報会社によると開花は4月3日、満開は9日と予想されている。市観光協会の小松純子さんは「高遠らしさを味わってほしい」と話している。桜の開花宣言の翌日から散り終わりまでは入園料(高校生以上500円、小中学生250円)が必要。問い合わせは同協会(電話0265・78・4111)へ。

伊那路 ニュース