壕をゆっくり巡る利常号=高岡古城公園

壕をゆっくり巡る利常号=高岡古城公園

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し アウトドア・レジャー

高岡古城公園で遊覧船運航

北日本新聞(2019年3月24日)

 高岡古城公園(高岡市古城)の濠(ほり)を巡る遊覧船「利長号」と「利常号」の運航が23日始まった。初日はボーイスカウト高岡第21団のメンバーら20人が招待され、船上からの眺めを満喫した。

 遊覧船は高岡商工会議所が中心市街地活性化や観光振興を目的に2009年から毎年運航している。「池の端」の乗船場を出発し、二の丸近くで折り返す約1・5キロのコースを25分ほどかけて巡る。昨年は計約3千人が乗船した。

 同商議所の荻原隆夫専務理事のあいさつの後、遊覧船が出発。園内のソメイヨシノはまだ開花していないものの、子どもたちはゆっくりと進む船から周囲の景色や濠を泳ぐカモを見て喜んだ。祖母と弟と乗船した橋田純平君(7)=能町小1年=は「寒かったけど楽しかった。桜が咲いたらまた乗りたい」と話した。

 本年度の運航は春が5月6日まで。4月15~19日と同22~26日は運休する。秋は11月2~24日に運航する。運航時間は午前10時~午後4時。料金は中学生以上700円、小学生以下200円で、3歳未満は無料。利長号、利常号はいずれも定員10人。問い合わせは同商議所遊覧船係、電話0766(23)5000。 

高岡・氷見・射水 ニュース