見頃を迎えたミズバショウ=26日、五泉市

見頃を迎えたミズバショウ=26日、五泉市

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 花・紅葉

白い妖精愛らしく 五泉

新潟日報(2019年3月27日)

 新潟県五泉市菅出の「水芭蕉公園」でミズバショウが見頃を迎えた。3月26日は家族連れらが木道を散策しながら、「白い妖精」と呼ばれる愛らしい姿を楽しんでいた。

 菅名岳の麓にある公園は、ミズバショウが自生していた湿地帯に1996年開園。約2万1000平方メートルに約3万株が群生している。公園を管理する市によると、暖冬傾向で例年よりやや早い見頃となった。今週末まで楽しめるという。

 木道を進むにつれ、薄緑色の花を白い苞(ほう)が包む姿が目立つ。阿賀野市にある母親の実家に帰省中という東京都町田市の小学1年男子児童(7)は「白くて、きれいだった。春休みのいい思い出になった」と笑顔で話した。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース

新発田・月岡・阿賀野
イベント

新発田・月岡・阿賀野
スポット