神前で神楽を初披露する新人舞女=白山市の白山比咩神社

神前で神楽を初披露する新人舞女=白山市の白山比咩神社

石川県 加賀・白山・小松 祭り・催し

新人5人、舞を初披露 白山比咩神社

北國新聞(2019年3月29日)

 白山比咩神社の浪速(なにわ)神楽講習会修了報告祭は28日、白山市の同神社で営まれ、4月からの新人舞女5人が神前で「鈴扇(すずおうぎ)の舞」を初披露し、4日間にわたる研さんの成果を示した。
 舞女となるのは喜多美咲さん(18)=金沢市=と加波日香梨さん(18)=野々市市=、山田陽女乃さん(18)=白山市=、中村遊乃さん(18)=同=、渡邊真帆さん(18)=能美市=の5人。講師を務めた津守神社(大阪市)の今江隆道宮司らが見守る中、扇や鈴を手に初々しい舞を繰り広げた。
 加波さんは「緊張した。もっと自信を持って舞えるよう練習に励みたい」と話した。浪速神楽は日々の祈(き)祷(とう)や祭典で奉納される。

加賀・白山・小松 ニュース