観光関係者らが1年間の安全を願った角田山の山開き=31日、新潟市西蒲区

観光関係者らが1年間の安全を願った角田山の山開き=31日、新潟市西蒲区

新潟県 新潟・岩室 花・紅葉 アウトドア・レジャー

角田山登山無事故祈る 住民ら山開き 新潟

新潟日報(2019年4月1日)

 本格的な登山シーズンの到来に合わせ、新潟市西蒲区の角田山(482メートル)で3月31日、山開きが行われた。稲島(とうじま)コース入り口近くの薬師堂に観光関係者や住民ら約40人が集まり、1年間の無事故を静かに祈っていた。

 山開きは巻観光協会の主催。角田山は稲島を含め七つのコースがあり、年間約13万人が訪れる。昨年4月には70代女性が下山中に迷い、県警ヘリが捜索する事態になった。参加者は、地元住職による読経の中、登山客の無事を願った。

 稲島観光協会長の本間哲さん(66)は「稲島コースは健康維持のために登山する人が多い。マナーを守って登山を楽しんでほしい」と話していた。

 今年は少雪の影響で登山客の出足は例年より早いという。コースによっては雪割草やカタクリが群生しており、4月上旬ごろまで見頃となる。

新潟・岩室 ニュース