「あらた坂」記念碑の建立を祝って記念撮影に収まる地元住民ら=3月31日、福井県あわら市自由ケ丘2丁目

「あらた坂」記念碑の建立を祝って記念撮影に収まる地元住民ら=3月31日、福井県あわら市自由ケ丘2丁目

福井県 あわら・坂井 アウトドア・レジャー その他

ちはやふる聖地を「あらた坂」に 福井の桜並木に命名

福井新聞(2019年4月1日)

 福井県あわら市は、競技かるたを題材にした同市ゆかりの人気漫画「ちはやふる」に登場する同市自由ケ丘2丁目の桜並木を、主要人物の綿谷新(わたやあらた)にちなみ「あらた坂」と命名した。記念碑も建立し、3月31日に地元住民らにお披露目した。ファンの間では既に知られた場所ではあるが、記念碑が誕生したことで新たな"聖地"になりそうだ。

 桜並木はレンゴーグラウンド横にある約200メートルの市道。レンゴー金津工場長の南裕幸さん(54)によると、1977年に同社社員が周辺に500本の吉野桜を植樹したという。

 漫画や、原作を基にしたテレビアニメでは、主人公の綾瀬千早が新に会いにあわら市を訪れるシーンがあり、2人が切なくも感動の再会を果たした場所のモデルがこの桜並木。同市によると「知る人ぞ知る桜の名所だった」が、ちはやふる人気が沸騰してからは、県外からの見物客も増えているという。桜並木をさらに知ってもらおうと、作者末次由紀さんと出版社の了解を得て愛称を付けた。

 記念碑は御影石製で高さ約1・5メートル。正面に「あらた坂」、側面には在原業平が詠んだ歌「ちはやぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは」が記された。頂上部にはかるたの札をかたどった部分があり、いとしい人との再会を願う歌の下の句「われてもすゑにあはむとそおもふ」が書かれている。

 除幕式には地域住民ら150人が参加し、佐々木康男市長が「地元の人に愛され、ゆかりの地になっている桜並木をもっとたくさんの方に知っていただきたい」とあいさつ。作者の末次さんから「あわら市の皆さんは、『新くんはここの坂が"あらた坂"になったことをどう思うんだろう』と思われていると思います。心の中で新と一緒にこの道を歩いて、たくさんからかってあげてください」とコメントが寄せられた。

 テレビアニメで新役を担った声優細谷佳正さんは「大げさかもしれませんが、歴史に"あらた坂"の存在を残すのだと思うと、スケールの大きさにわくわくします」、映画で新役を演じた新田真剣佑(あらたまっけんゆう)さんは「綿谷新から『新田』という名前をいただいたこともあり、"あらた"という名前の坂が誕生することはとてもうれしい」と寄せた。

 地元の児童は「住んでいる地域が漫画になり、記念碑もできるなんてすごい」と笑顔で話した。

あわら・坂井 ニュース