富山県 富山・八尾 花・紅葉 祭り・催し

富山の春華やかに チンドンコンクール5日開幕

北日本新聞(2019年4月4日)

 第65回全日本チンドンコンクールは5日、富山市の富山城址公園などで始まる。7日まで県民会館を主会場に、全国各地から集まるチンドンマンが富山の春を華やかに彩る。

 5日は、前夜祭として「幽玄チンドン夜桜流し」があり、チンドンマンが松川周辺や桜木町を演奏しながら歩く。6日は午前10時半からグランドプラザでオープニングセレモニーと開幕パレードが行われ、チンドンマンが総曲輪通りや中央通りを練り歩く。

 メーンのコンクールは、東北から九州までの各地から32組96人が出場し、6日に予選、7日に本戦を実施。県内からは「桜小路陽炎(さくらこうじかげろう)」「魅弥楽座(みやらくざ)」「もんた堂」の3組が参戦する。予選を勝ち抜いた8組が7日の本選に進む。6日には「素人コンクール」もあり、県内の3組を含む15組が参加。アマチュアチンドンマンが「富山湾」をテーマにした演技で、富山の魅力をPRする。

 大阪、愛知、秋田のチームが登場する「チンドン特別ステージ」は6日午後6時からグランドプラザで公演。フィナーレを飾る「大パレード」は7日午後2時半にスタートし、平和通りからグランドプラザにかけて総勢約200人が盛大に盛り上げる。富山商工会議所と富山市でつくる実行委員会主催、県や北日本新聞社など後援。

■フォトコンテスト作品募集
 全日本チンドンコンクールを盛り上げようと、実行委員会は、5~7日の大会期間中に撮影した写真のコンテストを開く。

 「ユニークな魅力を伝える」をテーマに、1人5点まで応募できる。サイズは四つ切りまたはワイド四つ切り(コラージュ、合成、組み写真は不可)。プロ、アマチュアを問わず応募でき、自作未発表の写真に限る。一般部門のほか、今大会から高校生部門が新設される。最優秀賞は一般部門、高校生部門ともに1点が選ばれ、それぞれ賞金3万円、図書カード1万円分が贈られる。

 申し込みは、必要事項を記入した応募票を作品写真の裏面に貼り、富山商工会議所(〒930-0083、富山市総曲輪2の1の3)に郵送する。応募票はコンクールのホームページからダウンロードできる。5月15日締め切り。問い合わせは富山商工会議所、電話076(423)1170。

富山・八尾 ニュース