堤防沿いに続く桜のトンネルをくぐる親子連れら=4月6日、福井県勝山市の九頭竜川右岸

堤防沿いに続く桜のトンネルをくぐる親子連れら=4月6日、福井県勝山市の九頭竜川右岸

福井県 勝山・大野 花・紅葉 アウトドア・レジャー

弁天の桜トンネル通り抜け 勝山・九頭竜川

福井新聞(2019年4月7日)

 桜の名所として知られる福井県勝山市の九頭竜川右岸で4月6日、春の風物詩「弁天桜まつり」が始まった。絶好の花見日和となり、観光客らが約450本の桜のトンネルをくぐり抜けた。7日まで。

 長さ1・5キロの桜並木が続く堤防沿いで立川、上後、下後の3区が毎年開催している。春の陽光を受け、桜はちょうど見頃を迎えた。

 各区のイベント会場には屋台や売店が並び、家族連れらがだんご、そばなどを味わいながら花見を楽しんだ。下後区の会場付近には堤防沿いに水仙も咲き誇り、桜との競演を見ることができる。

 まつり前後の1週間は夜間にぼんぼりが点灯されており、夜桜も楽しめる。

勝山・大野 ニュース