少女雑誌「令女界」の表紙絵などを集めた企画展=新発田市

少女雑誌「令女界」の表紙絵などを集めた企画展=新発田市

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 祭り・催し

令女時代超え華やかに 新発田で蕗谷虹児企画展

新潟日報(2019年4月10日)

 新潟県新発田市出身の叙情画家・蕗谷虹児(1898~1979年)が絵や小説を寄せた少女雑誌「令女界」をテーマにした企画展が、同市中央町4の蕗谷虹児記念館で開かれている。独特のモダンな画風で描かれた、さまざまな表情の「令女」が並ぶ。

 令女界は大正から昭和初期にかけて刊行された。口絵や挿絵など、虹児の作品がふんだんに盛り込まれ、当時の女学生たちの流行をリードした。

 企画展は、虹児の生誕120周年を記念して開催。虹児が令女界のために書き下ろした表紙絵の原画や長編自伝小説など、同館所蔵の作品を集めた。虹児が留学先のパリで出会った女性たちの生活やファッションを紹介した作品も展示されている。

 新発田市諏訪町の大学1年女子学生(18)は「淡い色使いでとてもきれい。描かれる女性像の変化は、時代の流れを反映しているのかもしれない」と見入っていた。

 5月12日まで。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース

新発田・月岡・阿賀野
イベント

新発田・月岡・阿賀野
スポット