拝殿を勢いよく駆ける男性たち=下後亟神明社

拝殿を勢いよく駆ける男性たち=下後亟神明社

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

参拝客にお神酒飲ませ息災祈願 小矢部で酒とり祭

北日本新聞(2019年4月12日)

 小矢部市下後亟(しもごぜ)に伝わる全国でも珍しい奇祭「酒とり祭」が11日、地元の神明社で行われた。ふんどし姿の男性たちが参拝客にお神酒(みき)を飲ませたり境内にまいたりし、無病息災と五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。

 神事と獅子舞に続き、ふんどしに白のはちまきを締めた20~40代の約20人が鳥居の下に集合。ひしゃくを手にしており、太鼓の合図で「ウヒョーイ」などと甲高い声を上げながら勢いよく走り出した。拝殿に駆け上がり、ひしゃくにお神酒を入れてもらうと、境内に戻って参拝客に飲ませ、空にまくなどした。

 男性たちは拝殿と境内を何度も行き来し、用意された一升瓶15本分が無くなるまで続けた。最後に一本締めを行い、青年会長の森田光勝さん(29)は「気持ちいい。地区の発展と健康を願いたい」と充実感を漂わせた。

 祭りは下後亟神明社の春季例祭に合わせて行う。300年以上前から続くと伝わる。

砺波・南砺・五箇山 ニュース