長野県 伊那路 アウトドア・レジャー

日本一過酷、八つの峠越え うるぎ「RUN」参加者募集

信濃毎日新聞(2019年4月16日)

 売木村は10月13日に村内で開く「第4回うるぎトライアルRUN」(信濃毎日新聞社など後援)の詳細を発表した。コースは昨年と同じで、フルマラソン(42・195キロ)は八つの峠を越えるため「日本一過酷」と銘打つ。村によると今月1日の募集開始以降、フルとハーフ(21・0975キロ)の定員計285人に140人ほどが応募している。

 大会は、ウルトラマラソンランナーの村職員、重見高好さん(36)が監修。村産の果物やジュースで給水し、フルでは累計で高低差約1700メートルを走る。6キロを歩くノルディックウオーキングもある。

 昨年まではコースを微調整しながら開いてきたが、4回目を迎え「コースを固定化し、ボランティアの負担も軽減したい」と重見さん。清水秀樹村長は「さらに村の魅力を発信する」と話している。

 問い合わせ、申し込みは実行委員会(電話0260・28・2145)へ。

伊那路 ニュース