4月20日から提供される釜炊き勝山ぼっかけ御膳などの新メニュー=4月17日、福井県勝山市本町2丁目の花月楼

4月20日から提供される釜炊き勝山ぼっかけ御膳などの新メニュー=4月17日、福井県勝山市本町2丁目の花月楼

福井県 勝山・大野 グルメ 特産

ぼっかけ御膳いかが 勝山・花月楼が新メニュー

福井新聞(2019年4月18日)

 福井県勝山市本町2丁目の食と文化の拠点「花月楼」は4月17日、伝統食のぼっかけ、郷土料理をふんだんに取り入れた御膳など新メニューを発表した。20日から提供する。

 国登録有形文化財の旧料亭を改修し、2017年4月末にオープンしてから間もなく2年。郷土料理研究家、佐々木京美さんの監修でメニューを一新する。

 目玉は釜炊き勝山ぼっかけ御膳(2500円)。昨年12月から団体客には提供していたが、好評を得て主力メニューに据えた。

 ぼっかけは、宴会の締めに食べる勝山版のだし茶漬け。白米とともに地元で採れた山菜の天ぷら、稚アユのから揚げ、油揚げの昆布巻き、ふのからしあえなど郷土の味を楽しみ、最後はぼっかけをさらさらと食す。

 このほか▽勝山ぼっかけ御膳(2千円)▽釜炊き花月楼御膳(1800円)▽花月楼御膳(1300円)―がそろい、二色の里芋ぼたもち(500円)などの甘味もある。料金は、いずれも税込みで御膳はドリンクバー付き(団体は除く)。

 勝山市観光まちづくり会社から委託を受け、運営する合同会社ジオスタジオの吉川浩之さん(47)は「歴史を感じられる空間で、勝山の郷土料理を幅広い世代に味わっていただきたい。つぐら(わらを筒状に編み上げた保冷庫)などの食文化も見てもらえれば」と話している。
 
1階の営業は午前11時~午後4時半で、2階の座敷は昼夜ともに完全予約制。水曜定休。問い合わせは花月楼=電話0779(87)1355。

勝山・大野 ニュース