一生懸命練習する園児

一生懸命練習する園児

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

石動の園児 練習に熱  来月小矢部で獅子舞大共演会

北日本新聞(2019年4月20日)

 5月の小矢部市獅子舞大共演会に向け、石動西部こども園の年長児が獅子舞の稽古に励んでいる。19日も近くの吉田町獅子方若連中OBから手ほどきを受け、振り付けを一生懸命覚えた。

 ことしの大共演会は5月26日に市商工会館前で開く。同園の子どもたちは2011年から毎年出演しており、獅子舞や踊りを披露する。

 園児たちは2月下旬から毎週練習を重ね、OBから獅子舞の演目「ウシロ」の体の動きや、剣に見立てた棒を使った手の振りを学んでいる。19日は園児18人が笛や太鼓の音色に合わせ、「イチニ、イチニ」などと声を出してステップを確認。手作りの獅子頭をスムーズに動かせると、うれしそうに笑みを浮かべていた。

 河原悠磨ちゃん(5)は「かっこよく元気いっぱいに踊りたい」とにっこり。熱の入った指導をした木元邦彦さん(77)は「いい形に仕上げ、本番を迎えたい」と話した。

砺波・南砺・五箇山 ニュース