小矢部市商工会館前でメルヘンガイドの説明を聞く参加者

小矢部市商工会館前でメルヘンガイドの説明を聞く参加者

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

今石動城主ゆかりの地巡る おやべウオーキング参加募集

北日本新聞(2019年4月24日)

 6月1日に小矢部市中心部で前田家ゆかりの地などを巡る「2019おやべウオーキング」に向けた下見会が23日、現地であり、市ウオーキング協会の会員が誘導員の配置や安全性などを確認した。5月23日まで参加者を募っている。

 小矢部市ウオーキング協会が毎年、市の魅力発見と健康づくりを目的に行っている。今回のテーマは「今石動の町立てとにぎわいある街を前田家ゆかりの地で見つけましょう!!」。三井アウトレットパーク北陸小矢部を発着点に、愛宕神社や永伝寺などを訪れる約5キロのコースを設定した。今石動城主の前田利秀のまちづくりや、アウトレット周辺の新たなにぎわいに理解を深める。

 23日は、会員とおやべメルヘンガイド計約50人が実際にコースを歩き、危険な場所がないかや誘導員、チェックポイントをどこに配置するかを確認した。利秀の父、秀継の菩提寺で石仏が有名な「永伝寺」や市商工会館などでガイドの説明を聞いた。同協会の吉田外茂治会長は「小矢部のイベントとして定着を図りたい。街の歴史を知ることができるコースだ」とPRする。

 5月23日締め切りで、参加者120人を募集している。問い合わせは吉田会長、電話090(2123)5752、または事務局の沼田勇人さん、電話0766(61)2787。おやべウオーキングは北日本新聞社共催。


小矢部市商工会館前でメルヘンガイドの説明を聞く参加者

砺波・南砺・五箇山 ニュース