奈良井宿と木曽平沢を結ぶシャトルバス

奈良井宿と木曽平沢を結ぶシャトルバス

長野県 松本・上高地・美ヶ原 アウトドア・レジャー

手すり漆塗り、ボンネットバス 奈良井宿―木曽平沢間運行へ

信濃毎日新聞(2019年4月24日)

 塩尻市の奈良井宿―木曽平沢間で本年度から新たに運行するシャトルバスが23日、お披露目された。22人乗りのボンネットバスで、深緑色を基調に黄色の屋根と窓枠が目を引くデザイン。木曽漆器の産地らしく車内の座席の枠や手すりを木曽平沢の職人が赤や黒の漆で塗って仕上げた。27日から運行し、10連休中は毎日走る。

 バスは市観光協会が運行。奈良井の権兵衛橋と木曽平沢の木曽くらしの工芸館を結ぶ。途中の停留所は6カ所。午前10時〜午後4時に6往復し、無料で乗車できる。車体は中古で「中山道奈良井宿」「漆工町木曽平沢」の表記を入れた。11月4日までの土、日曜と祝日に運行する。

 奈良井宿と木曽平沢は、ともに国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に指定されている。2017年の年間観光客数は奈良井宿の62万人余に対し、木曽平沢は7万人余。市はバス運行で回遊性を高め、木曽平沢の観光客の増加や木曽漆器の売り上げ増を目指している。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット