タケノコ狩りが始まる経竹園

タケノコ狩りが始まる経竹園

長野県 伊那路 グルメ 特産

タケノコぽつぽつと 豊丘で28日からタケノコ狩り

信濃毎日新聞(2019年4月24日)

 豊丘村河野の竹林「経竹園」などで28日、タケノコ狩りが始まる。今年は春の雨が少なく気温が低い日が多かったため、例年より生育は遅めだが、23日、竹林では暖かな日の光を浴びたタケノコがぽつぽつと顔を出し始めていた。

 経竹園では約1ヘクタールにモウソウチクが広がり、地元農家7人でつくる「経竹会」が整備している。同会の代田四郎さん(83)によると、豊丘村のタケノコはえぐみが少なく、採れたてならば生でもおいしく味わえるという。専用のくわを使う採り方は経竹会メンバーに指導してもらえる。代田さんは「経竹園は平地なので子どもでも楽しめる。大型連休の思い出づくりに家族で来てほしい」と話している。

 5月12日までの予定。料金は1キロ400円。3日以上前までに予約が必要。詳しくは村交流センターだいち(電話0265・34・2520、水曜休館)へ。

伊那路 ニュース