若狭マラソンコース交通規制区間

若狭マラソンコース交通規制区間

福井県 敦賀・若狭 アウトドア・レジャー

若狭マラソン28日号砲 福井・小浜市で2338人

福井新聞(2019年4月26日)

 第39回OBAMA若狭マラソン大会(福井県小浜市、市教委、市スポーツ協会、福井新聞社主催)が4月28日、小浜市内で開かれる。全国31都府県からエントリーした2338人のランナーが、北川沿いなど、のどかな春の若狭路を駆ける。

 3、5、10キロ、ハーフの4種目でそれぞれ男女、年齢別に計19部門ある。ファミリーの部があるほか、各部門には学校や職場、クラブ単位での参加もみられ、親子でペースを合わせて快走したり、仲間と切磋琢磨(せっさたくま)して健脚を競ったりする姿がみられそう。

 同市四谷町のおばまショッピングセンター東側の市道をスタートし、市中央グラウンド前にゴールする。3、5、10キロは北に向かってスタート。南川に架かる竹原橋を過ぎ、こうのとり大橋の手前を右折。丸山橋を渡って北川沿いを走って折り返す。

 ハーフは竹原橋を渡り、さらに北へ約1キロ直進。途中で折り返し、他の種目と同じ北川の堤防を走り、若狭町の野木公民館付近で再び折り返す。当日は小浜市と若狭町の一部で交通規制が行われる。

 出走の受け付けは午前7時半~同9時。開会式は同8時半からで、ともに市中央グラウンド(雨天時は市民体育館)で行う。同9時20分のハーフを皮切りに、3キロ、10キロ、5キロの順にスタートする。完走制限時間があり、ハーフ2時間20分、10キロ1時間20分、5キロ50分、3キロ30分。

 各部門1~10位を表彰。参加者全員にグレーの記念Tシャツと若狭塗箸が贈られる。完走者は農産物や鮮魚、焼きサバやサバ缶などの特産物が当たる抽選会に参加できる。

 若狭高生ら多くのボランティアも参加し、大会運営をサポートする。

敦賀・若狭 ニュース