レストハウス称名近くの展望台から称名滝の眺めを楽しむ人たち=称名平

レストハウス称名近くの展望台から称名滝の眺めを楽しむ人たち=称名平

富山県 立山黒部アルペンルート アウトドア・レジャー

称名滝の眺め壮大 遊歩道は開通せず

北日本新聞(2019年4月27日)

 日本一の落差350メートルを誇る称名滝(立山町芦峅寺)の観光が本格化するのに合わせ、安全祈願祭が26日、称名平で行われた。滝に通じる遊歩道は残雪で開通が間に合わなかったが、駐車場近くの「称名平園地展望台」の眺望が再整備によって改善され、壮大な景観が楽しめる。遊歩道に町が導入した電動カーが披露された。

 称名平から称名滝の滝見台に向かう遊歩道(延長1・3キロ)は斜面に雪が残り、落石防止のネットを設置できず、開通は5月中旬になる見通し。

 桂台から称名平までの県道は26日に開通した。環境省は町の要請を受け、展望台の整備を前倒しし、眺めを遮っていた樹木10本程度を伐採。町は展望台までの散策路を除雪した。展望台からは雪解けの時期に現れるハンノキ滝(落差500メートル)と、称名滝がV字を描くように流れ落ちる景観が楽しめる。27日から一般開放する。

 祈願祭で舟橋貴之立山町長は「10連休中に楽しんでもらえるように急いで展望台を整備した。多くの人に訪れてほしい」と述べた。

 町は高齢者らの利便性を向上させるため、今年から遊歩道に電動カー2台を導入。受け付けを担当するボランティア団体「立山りんどう会」に操作方法などが紹介された。

立山黒部アルペンルート ニュース

立山黒部アルペンルート
イベント

立山黒部アルペンルート
スポット