ライトアップされ、水を張った田に映る合掌造り家屋と桜=南砺市相倉

ライトアップされ、水を張った田に映る合掌造り家屋と桜=南砺市相倉

富山県 砺波・南砺・五箇山 花・紅葉 アウトドア・レジャー

逆さ合掌桜と共演 相倉、27日からライトアップ

北日本新聞(2019年4月27日)

 南砺市平地域の世界文化遺産・相倉合掌造り集落のライトアップが27日、始まる。26日には試験点灯が行われ、幻想的な日本の原風景を映し出した。

 同集落保存財団が実施しており、4月に行うのは昨年に続き2回目。発光ダイオード(LED)を使って、合掌造りを中心に集落全体を照らした。ことしは、田んぼの水面(みなも)に合掌造りが映る「逆さ合掌」と遅咲きの桜が見どころ。新天皇となる皇太子さまになじみ深い御歌碑や石碑なども御宮や境内でライトアップし、28日には、皇太子さまが鑑賞した民謡「こきりこ」も披露される。

 ライトアップは29日までの日没から午後9時まで。駐車場の予約は不要。問い合わせは同集落保存財団、電話0763(66)2123。

砺波・南砺・五箇山 ニュース