試験点灯で鮮やかにライトアップされた仏殿=瑞龍寺

試験点灯で鮮やかにライトアップされた仏殿=瑞龍寺

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し アウトドア・レジャー

瑞龍寺まばゆく ライトアップへ試験点灯

北日本新聞(2019年4月29日)

 国宝・瑞龍寺を舞台にした「春のライトアップと門前市」が29日、高岡市関本町の同寺で開幕する。28日に試験点灯があり、国宝の仏殿が幻想的に浮かび上がった。

 実行委員会のメンバーらは、山門や仏殿などに光を当て、明るさや角度を確かめた。山門の左右に広がる回廊の壁をスクリーンに見立てた「プロジェクションマッピング」の試験投影も行い、映り具合を入念に確認した。

 ライトアップは5月1日までで各日とも午後6時半から同9時半まで。法堂では烏瑟沙摩(うすさま)明王の像が間近で見ることができる。回廊には岐阜県美濃市の「美濃和紙あかりアート展」の優秀作品を展示。日本盆栽協会高岡支部による新緑盆栽展やライトアップ限定の御朱印の授与もある。

 運営協力費(入場料)500円、中学生以下無料。周辺に駐車場はなく、市地方卸売市場の臨時駐車場とイオンモール高岡の駐車場から会場まで無料シャトルバスを運行する。実行委主催、北日本新聞社など共催。

高岡・氷見・射水 ニュース