3町そろった曳山の中央で「義経千本桜」を上演する役者(中央)=砺波市本町

3町そろった曳山の中央で「義経千本桜」を上演する役者(中央)=砺波市本町

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し アウトドア・レジャー

りりしく子供歌舞伎 砺波・出町曳山祭

北日本新聞(2019年4月30日)

 県無形民俗文化財・出町子供歌舞伎曳山祭(ひきやままつり)は29日、砺波市中心部の出町地区で始まった。小学生8人が役者を務め「義経千本桜」と「寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)」をりりしく演じた。30日まで。

 出町神明宮の春季祭礼に合わせた行事で、子供歌舞伎を含め運営を東町、中町、西町の3町が持ち回りで担っており、今年は中町が当番町となった。

 役者は吉田真帆さん、堀真唯君、池島茉希さん、佐野隼人君、池島昊佑君、乗杉香美さん、中川絢仁君、吉田裕彩君が務めた。

 市街地を練り出町神明宮で、改元への祝意も込めた御祝儀舞の「寿式三番叟」を奉納した。

 同市本町で各町の曳山3基がそろう「三町揃(そろ)い曳き」が行われ、中央にある中町の曳山で義経千本桜を演じた。役者が型を決めると観客から盛大な拍手が送られた。

 30日は4カ所で上演する。5月3日は砺波チューリップ公園などで特別公演を行う。

砺波・南砺・五箇山 ニュース