バードハウスで展示が始まったシラコバト(富山市ファミリーパーク提供)

バードハウスで展示が始まったシラコバト(富山市ファミリーパーク提供)

富山県 富山・八尾 アウトドア・レジャー

珍しい動物4種仲間入り ファミリーパーク

北日本新聞(2019年5月3日)

 富山市ファミリーパーク(同市古沢)は、バードハウスとこどもどうぶつえんで珍しい動物4種類を紹介している。外国の固有種や日本の絶滅危惧種、特別天然記念物などに指定されており、うち3種類は同パーク初の展示。

 バードハウスでは、絶滅危惧種のウズラ2羽とミゾゴイ2羽、国の特別天然記念物のシラコバト7羽が仲間入り。ウズラは国内で狩猟が禁止されており、ミゾゴイは世界に約千羽しかいない。シラコバトも埼玉県を中心とした関東に約100羽とされている。

 こどもどうぶつえんには、イエメンにのみ生息する「エボシカメレオン」2匹がお目見えした。帽子を被ったような頭が特徴で、体の色が変わる様子も見ることができる。

 小峠拓也動物課長代理は「いずれもなかなか目にできない動物。来園して、こんな生き物がいるんだと知ってほしい」と話している。

富山・八尾 ニュース