懐かしさが漂う小羽小の校舎内

懐かしさが漂う小羽小の校舎内

富山県 富山・八尾 祭り・催し

里山旧校舎で4日ライブ 大沢野小羽NPO企画 のどかな木造空間楽しんで

北日本新聞(2019年5月3日)

 懐かしさが漂う空間で、音楽を楽しむ「山と海と風の歌会」が4日、富山市大沢野地域にある旧小羽小学校で開かれる。昭和の木造校舎を舞台に、アマチュアバンドのリレーライブを中心として、さまざまな催しがある。 

 旧小羽小の校舎を維持管理するNPO法人こば(竹花一雄代表代行)が企画した。ライブは理事の牧野尚美さん=富山市富岡町=が担当する。

 ライブ会場は、2017年夏に校長室と図書室をつないで設けた「こば遊びどころ つむぎ庵」。本棚や掲示物は残し、体育館にあったグランドピアノを直して運び込んだ。これまでも演奏会を開いており、「響きが気持ちいい」「音が柔らかくなる」と評判がいい。ポップスバンドの「OWLGREEN(オウルグリーン)」を含め、フォークソングをはじめとした11グループ・個人が演奏する予定。

 校舎内は他にも木製の窓枠や廊下、塗装の剥げた手すりなどが残っており、時代を感じさせる。インスタ映えする撮影スポットを各所に設ける計画で、中高年の人たちがノスタルジーに浸る趣向を凝らす。

 つむぎ庵の隣にある「海音呼屋(うみねこや)」の洋服予約会やマッサージ、手作りそばの里山食堂など有料のイベントもある。

 牧野さんは「連休終盤、音楽を聞きながらのどかな里山で過ごしてみては」と話している。入場無料。問い合わせは牧野さん、電話090(8268)0703。

富山・八尾 ニュース