境内に勢ぞろいした3台のでか山=七尾市山王町の大地主神社

境内に勢ぞろいした3台のでか山=七尾市山王町の大地主神社

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく 祭り・催し

でか山3台そろい踏み 七尾で青柏祭

北國新聞(2019年5月5日)

 七尾市の「青柏祭(せいはくさい)」は2日目の4日、山車(だし)「でか山」3台が同市山王町の大(おお)地主(とこぬし)神社にそろい踏みした。高さ約12メートル、重さ約20トンの巨大な山車が並ぶ壮観な眺めに境内を埋め尽くした大勢の見物客が歓声を上げた。
 大地主神社には、3日夜の「宵山(よいやま)」で先陣を切った鍛冶町、4日未明からの「朝山」で夜通し引いた府中町、4日朝の「本山」で出発した魚町の順にでか山が到着した。3台のでか山には令和や天皇陛下即位を祝する看板が設置された。見物人は新時代の幕開けと祭りの熱気に浸りながら、勢ぞろいしたでか山の迫力を堪能した。
 「青柏祭の曳山行事」は国重要無形民俗文化財で、2016年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。5日まで行われる。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット