勧進帳で迫真の演技を披露する地元の子供役者=小松市の石川県こまつ芸術劇場うらら

勧進帳で迫真の演技を披露する地元の子供役者=小松市の石川県こまつ芸術劇場うらら

石川県 加賀・白山・小松 祭り・催し

令和初、迫真の「勧進帳」 小松で「日本こども歌舞伎」開幕

北國新聞(2019年5月6日)

 第21回日本こども歌舞伎まつりin小松(北國新聞社特別協力)は5日、小松市の石川県こまつ芸術劇場うららで2日間の日程で開幕した。地元の小中学生が「歌舞伎十八番の内勧進帳」で情感たっぷりのドラマを繰り広げ、「令和」初の舞台を感動で包んだ。
 小松の子供役者12人が、地元「安宅の関」を舞台にした「智仁勇」の物語を力強く体現した。弁慶と富樫の息もつかせぬ掛け合いや、弁慶が義経をつえで打ち付ける見せ場では、観客から大きな拍手が送られた。長唄・囃子(はやし)方の児童生徒も稽古の成果を発揮した。
 特別ゲストとして若手歌舞伎俳優・中村虎之介さん(21)が出演し、舞踊長唄「供奴(ともやっこ)」で主人を捜し回る従者を躍動的に表現した。小鹿野(おがの)子ども歌舞伎(埼玉)は「義経千本桜 伏見稲荷鳥居前の場」を、松尾塾伝統芸能(東京)は舞踊「越後獅子」を披露した。
 「全国子供歌舞伎フェスティバルin小松」から今年、名称変更された。会場には芝居を終えた子供役者を撮影するコーナーや、平成の公演を振り返る写真展などが設けられた。千秋楽の6日は、同じプログラムで午後1時に開演する。

加賀・白山・小松 ニュース