山開きに合わせ、五頭山五ノ峰山頂で行われた安全祈願祭=阿賀野市

山開きに合わせ、五頭山五ノ峰山頂で行われた安全祈願祭=阿賀野市

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 祭り・催し アウトドア・レジャー

さあ山の季節 無事故祈り頂上へ お守り手に 五頭連峰

新潟日報(2019年5月8日)

 新潟県阿賀野市と阿賀町にまたがる五頭連峰で、今シーズンの山開きが行われた。県内外から訪れた登山愛好家や家族連れらが、さわやかな新緑を堪能しながら頂上を目指した。五頭山五ノ峰山頂では安全祈願祭が行われ、登山客らが無事故で山を楽しめるよう祈った。

 五頭連峰の山開きは「5」と「3」の語呂合わせ(ごずさん)で毎年5月3日に行われる。今年は例年並みの約2000人が訪れた。

 村杉登山口など各登山口には早朝から登山客が詰めかけた。阿賀野市観光協会が用意した記念の手ぬぐいとお守りを受け取って出発。ブナ林の新緑や高山植物のかれんな花を楽しみながら、登山道を進んだ。雪が残る場所では声を掛け合いながら慎重に進み、山頂では記念写真や越後平野のパノラマを楽しむ人びとの歓声が上がっていた。

 安全祈願祭では、地元の旦飯野(あさいいの)神社の鈴木康寛宮司(50)が祝詞を上げ、観光関係者らと登山客が遭難事故防止を誓い合った。市のイメージキャラクター、ごずっちょも駆けつけた。

 埼玉県から家族と来ていた中学1年男子生徒(12)は「緑が気持ちよくて、山頂で食べたお弁当がおいしかった」と笑顔を見せていた。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース

新発田・月岡・阿賀野
イベント

新発田・月岡・阿賀野
スポット