新潟県 新潟・岩室 鉄道

連休中の新潟県内鉄道利用者 JR東18%増42.9万人

新潟日報(2019年5月9日)

 大型連休中の新潟県内鉄道各線は前年を上回る利用者数となった。JR東日本新潟支社によると、4月26日から5月6日までの11日間で、管内の新幹線・特急の利用者数は前年同期比18%増の42万9千人。4月28日に上越新幹線が停電する混乱もあったが、例年の帰省目的に加え、観光客の利用が増えたことが要因とみている。

 新潟支社によると、上越新幹線(調査区間・越後湯沢-長岡)は17%増の37万3千人。特急では信越線の「しらゆき」(同・直江津-長岡)が24%増の1万4千人だった。ピークは上りが5月5日で2万8千人、下りは4月27日で2万7千人となった。

 上越新幹線が停電し最大4時間の遅れが出たことで、約4万2600人に影響した。新潟支社は「ご迷惑をお掛けしたが、利用者数に大きな影響はなかった」とした。

 JR西日本金沢支社によると、北陸新幹線(同・上越妙高-糸魚川)は26%増の41万2千人。期間中は1日平均3万7千人が利用した計算で、金沢支社は「1日平均の利用者数としては開業以降で最多。帰省客に加え、観光客が増えたのではないか」とした。

 北越急行は4%増の2万4千人。えちごトキめき鉄道は4月27日~5月6日の10日間で13%増え、3万6千人だった。

新潟・岩室 ニュース

新潟・岩室
イベント

新潟・岩室
スポット