家族連れらでにぎわった九頭竜新緑まつり=昨年5月、福井県大野市角野の九頭竜国民休養地

家族連れらでにぎわった九頭竜新緑まつり=昨年5月、福井県大野市角野の九頭竜国民休養地

福井県 勝山・大野 祭り・催し アウトドア・レジャー

グルメも自然体験も 九頭竜新緑まつり 18、19日に

福井新聞(2019年5月9日)

 第33回九頭竜新緑まつり(福井県大野市、九頭竜まつり実行委員会主催、市観光協会、福井新聞社共催)が5月18、19の両日、福井県大野市角野の九頭竜国民休養地で開かれる。若葉が映え、初夏の薫りに包まれた会場に、奥越の山の幸や旬の味覚が一堂に集まり、和太鼓演奏や木工、自然体験など多彩なイベントが催される。

 まつりの目玉の「新緑市場」には市内18店が出店する。旬を迎えた山菜や野菜、特産のマイタケや地酒、スイーツなど大野の味覚がめじろ押し。山菜の天ぷらや手打ちそば、イワナの丸焼きなどその場で味わえる地元グルメも多数並ぶ。「交流市場」では鯖江、越前両市の市民グループが参加。弁当や菓子を販売し地域自慢の味を紹介する。

 サトイモや山菜を大鍋で煮込み、両日とも午前11時15分ごろから600食ずつ無料で振る舞う。

 ステージでは市内外のグループがダンスや民踊を発表。市が運営する「ホロッサ」での化石発掘体験や和泉郷土資料館での化石レプリカのアクセサリー作り、ダム流木の配布など無料の企画もあり、家族そろって楽しめる。まつり期間限定の九頭竜ダム長野発電所への見学ツアーは、両日とも移動バスを午前10時半、午後1時、同2時半に運行する。

 JR越美北線を利用して会場を訪れた人には、場内で使える500円分の買い物券がプレゼントされる。1日につき150枚限定で、臨時列車の利用は除く。

 まつりは両日午前9時~午後4時。期間中はJR九頭竜湖駅から会場までの無料シャトルバスを運行する。問い合わせは市観光振興室内の九頭竜まつり実行委=電話0779(66)1111。

勝山・大野 ニュース