来場者50万人突破を祝う林さん(右)と禮子さん(右から2人目)=白山市の道の駅「めぐみ白山」

来場者50万人突破を祝う林さん(右)と禮子さん(右から2人目)=白山市の道の駅「めぐみ白山」

石川県 加賀・白山・小松 祭り・催し 特産

道の駅「めぐみ白山」50万人 昨年4月開業からの来場者

北國新聞(2019年5月18日)

 昨年4月にオープンした白山市の道の駅「めぐみ白山」の来場者が17日、50万人を突破した。節目の来場者となった小松市八幡の林則昭さん(79)、禮子さん(76)夫婦に山田憲昭市長から特産品を詰め込んだ記念品が贈られた。
 式典では、山田市長が「今後も道の駅を通じて地域の魅力を発信したい」とあいさつした。金沢市からの帰りに野菜を求めて立ち寄ったという禮子さんは2度目の来場となり、「焼き豚もおいしくて気に入っている。突然のことなのでびっくり」と笑顔を見せた。
 和田善亮駅長によると、来場者のうち買い物や飲食をする人の割合は75%と、想定の55%を上回った。

加賀・白山・小松 ニュース