赤や黄など色とりどりの花が咲き始めた坂城町の「ばら祭り」

赤や黄など色とりどりの花が咲き始めた坂城町の「ばら祭り」

長野県 上田・小諸 花・紅葉

坂城「ばら祭り」 香る幕開け

信濃毎日新聞(2019年5月26日)

 坂城町のさかき千曲川バラ公園で25日、恒例の「ばら祭り」が始まった。愛好家らによる実行委員会が主催し、今年の生育は例年並み。この日はまだつぼみや咲き始めの花が多かったが、来場者は香りを楽しんだり、色とりどりの花をスマートフォンで撮影したりして楽しんでいた。

 約2・1ヘクタールの会場では330品種、2300株以上のバラが植わる。赤や黄、白などさまざまな色があり、アーチ状に仕立てたバラの前では写真に納まる人の姿も目立った。長野市豊野の主婦田原義子さん(43)は「咲き始めだったけれど香りが良く、数も多くて楽しめた。見頃にもう一度来たい」と話していた。

 6月9日までの午前9時〜午後4時半(土日は午前8時半から)。実行委によると、見頃は1、2日ごろになりそう。入園無料だが、運営協力金として1台300円の駐車料金が必要。問い合わせは事務局の町建設課(電話0268・82・3111)へ。

 この日、中野市の一本木公園では「信州なかのバラまつり」が開幕した。日程は6月9日まで。

上田・小諸 ニュース