500組限定で販売が始まった記念乗船券

500組限定で販売が始まった記念乗船券

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 祭り・催し

引退の「竜宮丸」記念乗船券発売 諏訪湖観光汽船

信濃毎日新聞(2019年6月2日)

 諏訪湖で遊覧船を運航する諏訪湖観光汽船(諏訪市)は1日、来年3月の引退が決まっている「竜宮丸」の記念乗船券を発売した=写真。竜宮丸と湖周3市町のご当地キャラクターをデザインしたチケットが3枚一組で、2700円。500組限定で初日から早速、市民らが買い求めた。

 1976(昭和51)年の就航以来、亀2匹をかたどった姿で人気を集めたが、老朽化などに伴い引退する。記念乗船券を挟んだA4サイズの台紙には竜宮丸が全長20・14メートル、総トン数77トン、定員150人であることを紹介。毎年1月1日に「初日の出号」として出航し、地元の人や観光客に親しまれたエピソードも載せた。

 湖畔にある乗船券販売窓口で1日午前から販売が始まり、最初に購入した諏訪市の40代男性は「諏訪湖に浮かぶ姿をいつも目にしているので、引退するのは寂しい」と話した。完売次第終了する。問い合わせは同社(電話0266・52・0739)へ。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース