田んぼアートを紹介する中村勘九郎さん。アートの見頃は7月中旬ごろからになりそうだ

田んぼアートを紹介する中村勘九郎さん。アートの見頃は7月中旬ごろからになりそうだ

長野県 白馬・安曇野 祭り・催し

金栗四三が水田を駆ける 安曇野に田んぼアート

信濃毎日新聞(2019年6月3日)

 第5回記念信州安曇野ハーフマラソンの特別企画「田んぼアート」が2日、安曇野市の安曇野スイス村近くの水田に完成した。NHK大河ドラマ「いだてん」で歌舞伎俳優中村勘九郎さんが演じるマラソン選手金栗四三(かなくりしそう)を黄や緑、紫など7色の苗で表現。この日、勘九郎さんと五輪女子マラソンメダリストの有森裕子さんらが田植えをして仕上げた。7月中旬から8月中旬ごろに見頃を迎えるという。

 約6700平方メートルの水田に金栗が走る様子や、日の丸をあしらったTシャツを着た姿を表現した。アートを主催する市などでつくる実行委員会が除草などの世話を担う。

 田植えには地元の高校生らも加わった。勘九郎さんは「多くの方の協力があって完成した田んぼアート。来年の東京五輪に向け、安曇野でも盛り上がってほしい」。有森さんは「自然を使ったアートは壮大で迫力がすごい」と話していた。

 田んぼアートを一望できる展望台を15日から9月28日まで安曇野スイス村駐車場に設ける。一般300円、小学生100円、未就学児無料。

白馬・安曇野 ニュース