丸岡城天守を望む城下町を疾走する10キロの部のランナー=6月2日、福井県坂井市丸岡町霞町3丁目

丸岡城天守を望む城下町を疾走する10キロの部のランナー=6月2日、福井県坂井市丸岡町霞町3丁目

福井県 あわら・坂井 アウトドア・レジャー

城下町3507人疾走 坂井・古城マラソン

福井新聞(2019年6月3日)

 第14回坂井市古城マラソン(坂井市、市教委、市スポーツ協会主催、福井新聞社共催)は6月2日、福井県坂井市の丸岡城のふもとを発着点に開かれた。日差しが柔らかく、好タイムが期待できる曇り空の下、県内外の3507人が沿道の声援を受け、城下町や田園地帯を駆け抜けた。

 午前8時20分のハーフの部を皮切りに順次スタートしたランナーは、現存12天守の一つに数えられる丸岡城天守を望む城下町を疾走。ハーフと10キロの部はさらに田園地帯へと抜け、丸岡地域の豊かな自然を楽しみながら健脚を競った。

 2006、16年に北海道マラソンを制した吉田香織さんが、前回に続いてゲストランナーとしてハーフの部で参加。スピードある走りを見せ、ランナーや沿道の人たちを喜ばせた。

あわら・坂井 ニュース