湯の街を練る若衆=加賀市山代温泉

湯の街を練る若衆=加賀市山代温泉

石川県 加賀・白山・小松 祭り・催し 温泉

菖蒲湯まつり、みこし練る 加賀・山代温泉

北國新聞(2019年6月5日)

 4日の石川県内は高気圧に覆われて晴れ、最高気温は金沢30・0度など4観測地点で真夏日となった。加賀市山代温泉では菖蒲湯(しょうぶゆ)まつりが開幕、青年団「山代倶楽部(くらぶ)」の団員ら約230人によって「菖蒲みこし」が練り歩き、湯の街はショウブの香りと熱気に包まれた。
 一行は真言宗薬王院温泉寺での祈願祭の後、商店街を進み、爽やかな香りで邪気をはらった。古総湯に到着すると、みこしを担いだ若衆は周回してから浴場に突入。拍子木の音に合わせ、ショウブが詰まった俵を湯船に投げ込み、祭りは最高潮に達した。
 祭りに先立ち、山代保育園のダンス、太鼓演奏(北國新聞社後援)が行われた。最終日の5日は、地元児童が古総湯周辺で「代っこみこし」を担ぎ、山代音頭輪踊りで締めくくる。
 金沢地方気象台によると5日の県内は昼すぎから夜のはじめ頃にかけて雨や雷雨となる所もある見込み。

加賀・白山・小松 ニュース

加賀・白山・小松
イベント

加賀・白山・小松
スポット