約270品種・3000株のバラがある「しんわの丘ローズガーデン」

約270品種・3000株のバラがある「しんわの丘ローズガーデン」

長野県 伊那路 花・紅葉 祭り・催し

バラもイベントも多彩に 伊那・高遠で23日まで祭り

信濃毎日新聞(2019年6月8日)

 伊那市高遠町の「しんわの丘ローズガーデン」で、バラ祭りが開かれている。標高800メートルを超える傾斜地に広がる9000平方メートルほどの敷地に、約270品種・3000株の色鮮やかなバラが植えられている。23日まで。

 市などでつくる実行委員会が主催し、12回目。実行委によると今年は4月に朝晩の冷え込みが厳しかった影響で、例年より開花が数週間遅い。現在は五分咲きで、見頃は6月中旬の見通し。会場は、上伊那地方の約50人でつくる「高遠薔薇(ばら)会」が草刈りなどをして整備している。

 期間中はさまざまなイベントも予定。8日午後2時からは、演歌歌手で市観光大使の水森かおりさんが、高遠を舞台にした新曲「高遠さくら路(みち)」などを披露する。

 7日は地元の夫婦らが朝から来園し、写真を撮って楽しんでいた。一帯からは中央アルプスも望める。市の担当者は「バラと山の景色の共演を楽しみ、ゆっくりとしたひとときを過ごしてほしい」とPR。午前9時〜午後4時。入園料は大人300円、小中学生150円、未就学児無料。

伊那路 ニュース