イタドリを使ったデザート

イタドリを使ったデザート

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 グルメ スイーツ

イタドリをデザートに 仏料理店で15日から提供 長岡

新潟日報(2019年6月12日)

 欧州で大繁殖し、駆除対象になっているタデ科の植物イタドリを使ったデザートを、新潟県長岡市表町3のフレンチレストラン「ラルモワーズ」が期間限定で提供する。

 オーナーシェフの田中良太郎さん(29)は小国地域出身。子どもの頃は山菜のイタドリを折って口にし、水分補給をするなど身近だったという。欧州の実情を知り、イタドリを活用したデザートを考案した。

 イタドリの水分を絞り出してほのかに酸味のあるピンク色のゼリーにし、中心にサクランボを入れ、牛乳などを冷やし固めたブランマンジェ、アイスクリームを重ねた。アイスはヨーグルトをベースにサンショウの葉で爽やかな風味を添え、板状に焼いたメレンゲを載せた。

 提供は15日から1カ月。ランチは2700円(税別)から、ディナーは3700円(同)から各3コース。予約が必要。問い合わせは同店、0258(30)4622。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース