長野県 伊那路 その他

大自然、モウ最高 伊那・入笠牧場で放牧始まる

信濃毎日新聞(2019年6月13日)

 上伊那農協(本所・伊那市)が伊那市高遠町で管理、運営している入笠牧場(標高約1600メートル)で12日、牛の放牧が始まった=写真。上下伊那地方や諏訪地方の酪農家8軒の雌牛計46頭を7月中旬までに順々に放ち、10月中旬まで放牧する。この日はホルスタインなど35頭を放した。

 上伊那農協の職員ら約20人がトラックから降りて暴れる牛をなだめながら牧場へ誘導。体重測定や血液検査をして放した。305ヘクタールの傾斜地が広がる牧場で牛たちは鳴き声を上げながら一帯を元気よく駆け回っていた。

 同牧場での放牧は20年以上続いており、初産を控えた雌牛の足腰の強化、酪農家の夏場の負担軽減が目的。4カ月ほどの放牧を終えた牛は体重が50キロ近く増えるという。上伊那農協畜産課長の堀内実さん(54)は「成長に最適な環境の下、のびのび育ってほしい」と話している。

伊那路 ニュース